ブログトップ

Sweet Life

sweetsleep.exblog.jp

A cicada of August

友人に勧められて、買ったはいいが
購入してから1年経過後。

読み始めました。
というか、途中まで読んでいたの。
けど、進められなかった。
あまりにテーマが重すぎて
当時の私には受け止められなかった。

いま改めて読み始めて
止まらなかった。
いや、止められなかった。

心に残るものが大きすぎて
言葉にするのがもったいなさすぎる程
とてもとても考えました。
どうしても主人公が可哀想と思ってしまう心理はなんだろう?と。

なにかを愛おしいと想う気持ちって
光と影みたいに紙一重なのかもしれない。

f0126669_18364371.jpg
[PR]
by sweetsleep0220 | 2009-07-06 18:39 | love
<< Pasta Night The Other Boley... >>